A-373 アリス幻想(高橋康也 編)

□note:ソフトカバー ダストカバー 「ルイス・キャロルの「アリス」の中に尽きざる幻想の石切場を最初に見出したのは、ブルトンを始めとするシュルレアリストたちであった。(中略)以来今日まで、多くの詩人や劇作家や画家が、地下のキャロルを驚きのあまりもう一度死なせるに足るような奔放さで、アリスを搾取 ただし限りない愛をこめて してきた。(中略)極東の島国にも少なからず愛の搾取家がいる事を、私はしった。そしてアリスを触媒にしてがっている創造的エネルギーがくみ尽くされてはいないらしいという感触があった。」(編者あとがきより) 児童文学やファンタジーだけでなくあらゆる表現者にも多大な影響を与えら限りないイメージの源泉として人々の幻想を刺激し続けるアリスに寄せられたエッセイ、イラストレーション、写真作品。執筆者は海野弘、矢川澄子,東逸子,上野紀子、建石修志、沢渡朔、司修、安野光雅、宇野亜喜良、寺山修司、草森紳一、金子國義、種村季弘ほか。

イラスト 写真 他
絶版

□publisher:すばる書房
□date of issue:1976年刊
□page:141p
□condition:経年なりスレヤケ汚れ痛み
型番 A-373
販売価格 3,400円(内税)
購入数


About the owner

古本 風信子

ホームページでの販売のみとなります。実店舗はありません。
●ご注文は、代金先払い・送料無料で承ります。詳細はAbout(ショップについて)をご参照ください。
●お問合せは、Contactのフォームから。うまく送れない場合は、下記のメールアドレスまでどうぞ。
info@hyacinth.jp

Top