断髪のモダンガール - 42人の大正快女伝(森まゆみ 著)

□note:ハードカバー、単行本、ダストカバー。仕事もして、恋もして。大正時代、黒々とした髪を切った毛断嬢たちは次々と洋行し、今日も恋の炎に身を焦がす。望月百合子、ささきふさ、吉屋信子、尾崎翠、野溝七生子など42人の強欲な「快女」たちの生きかた、愛しかた。
「ふさはずっと前から断髪を考えていたようだ。慢性の神経衰弱で頭が苦しいことから、髪を切ったらさっぱりするだろうと思った。欧米で女性の断髪が流行していることも知っていた。そして持ち込まれる縁談を拒否するために。断髪と拒婚はリンクしていた。」(本文より)

□publisher: 文藝春秋社刊
□date of issue:2008年4月刊
□size:194 x138 x26mm
□page:367p
□condition:経年なり汚れ痛み、表紙カバーに強いアタリキズあり(表紙画像著者名の1cmほど右とカバー左上角)、帯あり。
型番 B-129
販売価格 1,050円(内税)
購入数


About the owner

古本 風信子

ホームページでの販売のみとなります。実店舗はありません。
●ご注文は、代金先払い・送料無料で承ります。詳細はAbout(ショップについて)をご参照ください。
●お問合せは、Contactのフォームから。うまく送れない場合は、下記のメールアドレスまでどうぞ。
info@hyacinth.jp

Top